子供の矯正相談室

柏歯列矯正クリニックの院長は近隣の柏第一小学校の校医として歯科検診を担当しています。
毎年の検診で、小学校低学年のお子さんの歯並び、虫歯をチェックしていますが歯に問題のあるお子さんが増えていると感じます。

当院のポリシー

お子さんが無理なく続けられるように、一人ではなくご家族の方にも治療の困難さを理解していただき、「お子さんを励ましてあげてください」とお伝えしています。
当院はお子さん一人一人の成長に合わせて、開始時期を見極めて治療を行っており、お子さん自身に負担とならない治療を心がけています。

子供(乳歯列期)の治療を断られました…

心配して近くの矯正歯科、もしくは小児歯科の標榜を掲げている医院にいってはみたが、 『治療はまだ早い』と言われたり、始めてはみたが『装置のサイズや材質が子供に合わずあきらめた』という声を良く聞きます。

子供用の矯正装置はどんなものがあるの?

子供の治療は、取り外しのタイプが主流。
大きく分けるとプレートタイプ(床装置)マウスピースタイプがあります。


プレートタイプ(床装置)

マウスピースタイプ

1つのものですべてを代用する事には無理があります。

  • どの子にどのタイプの装置を使用していくのか
  • 使用時間や使用期間をどのように設定するのか

見極めがとても大事になります。

子供の治療に関しては積極的に勧めていない場合や、治療を行っていたとしても限定的に行い終了していたりと様々です。
最初の心配事が解決しても、次の心配事が新たにみつかる場合もあります。 始める場合には、永久歯の交換まで長く診てもらえるところが安心だと思います。

子供の治療は、すべての方に勧められるものではありません

保護者の治療への理解や協力(子供へのはげまし)があって良い結果が得られます。
治療が子供に合わない場合には、改めて治療開始時期を検討する事も重要です。
子供に過剰な負担をしいるような治療ではありません。

当院の治療例

「まだ合う装置がない」と言われたけど…

写真の症例は治療開始時4歳9ヶ月の女の子です。
受け口改善が見られたのは開始後約2ヶ月でした。


治療開始前 4歳9ヶ月

二か月後


受け口改善 4歳11ヶ月

前医では「歯列がまだ小さくあう装置がない」と言われ、一時は治療開始を断念したようですが、こちらで別のタイプのマウスピース型の装置を使用し受け口が改善しました。
(※但し、装置の効果は使用時間に影響されるため、個人差があります)

装置を使わなくても歯は動く! ~Teeth Magic~

以下の症例は12歳時に、親知らず(第3大臼歯)を抜歯、矯正装置を使うことなく、第2大臼歯が正しい位置に誘導されて上下の歯が咬みあう事ができました。



混合歯列期のお子様の咬み合わせを診る上で、同時に生え変わりの様子にも気を配ることはとても重要です。

乳歯の抜けた時期、それと交換する永久歯が生えてきた時期、レントゲン診査での乳歯の歯根吸収の状態や、永久歯の歯根の完成程度、さらに乳歯と永久歯の位置関係はどうなっているか、理想的な生え変わりが行われれば、(遺伝的要素や、歯の過不足そして歯の形の問題を除けば)それだけでも歯は自然に良い方向に生えてこようとします。

今回の症例では親知らずが奥歯を圧迫し始めたため12歳時に抜歯を行いました。結果、第2大臼歯が正しい位置に誘導されて生えています。もし、抜歯を先延ばしにしていたとしたらどうなったと思いますか?
早めに相談していただく事で、負担の少ない治療を行える場合があります。

お子様の矯正でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

電話番号 04-7166-6940

▲ページトップへ