子供の矯正歯科

子供の頃から矯正することのメリット

この時期は、骨の成長にとってとても大事な時期です。何かのきっかけで、その調和を早い時期から気をつける(予防する)事で、問題を大きくしないことにもつながります。

治療の開始時期を見定めるには、長年の専門的な経験や知識が必要です。もちろんすべての方に、積極的な治療が必要ではありません。
この時期には、これから生えてくる大人の歯(永久歯)をできるだけいい方向に生えるように、またむし歯をつくらないような予防法の対策をしていく大事な時期です。
装置もできるだけシンプルなトラブルの少ないものを使用していきます。

主に、乳歯列時期の治療は、今後の顎の正常な発育ならびに正しい咬み癖をつける上でとても重要です。治療の必要性ならびに開始年齢については、矯正歯科専門医から十分に説明を受けた上で御判断下さい。

3歳6ヶ月の女のお子さんの治療例です。

どこが心配なのかと言いますと、上顎と下顎の左右の幅が合っていません。それに伴い、左側が通常とは逆の咬み合わせをしています。その結果、上の歯の正中と下の歯の正中でかなりズレてしまっています。

   

4歳5ヶ月の男のお子さんの治療例です。

こちらは典型的な受け口になっています。前歯が逆に咬みこんでしまい、治療前は上の前歯がまったく見えません。この状態を長く放置していますと、顎(あご)の前後関係に問題が生じてくる場合があります。

   

4歳8ヶ月の女のお子さんの治療例です。

受け口を主訴で来院されました。マウスピースタイプの装置で使用は自宅のみ(主に就寝時)開始3ヶ月後の変化です。

   

5歳0ヶ月の女のお子さんの治療例です。

受け口が主訴の患者さんで、お母様の同様の噛み合わせで過去に当院で治療しました。
マウスピースタイプの装置で、使用は自宅のみ(主に就寝時)開始3ヶ月後の変化です。

   

お母様のご質問にお答えします

せっかく治療しても後戻りしないか心配

歯は生涯通じて移動するものです。治療も良い状態なったからといって安心ではありません。継続した観察が必要になります。

乳歯の歯並びが悪くても、生え変わるからそのままで大丈夫?

どの時期にもその年齢での良いかみあわせがあります。乳歯列においてもかみあわせに気を配る事は、生え変わった永久歯とってもより良い状態に近づく事につながります。

受け口は早めの治療が大切と聞いたけど、本当?

受け口は、上の顎にとっては後ろへ押し込める力、下の顎にとってはさらに前へ突き出す力となり顎顔面の成長において、さらなる不調和につながる場合があります。

子供が矯正歯科を始めたので、親としてどんなことに気をつけてあげればいいの?

とにかく励ましてあげて下さい。また、むし歯予防に気を使ってあげて下さい。

▲ページトップへ