矯正装置の種類

マルチブラケット装置
その1
その2
ワイヤーについて
その1
取り外しのできる装置
その1
その2
その3
補助装置
その1

マルチブラケット装置 その1

本格矯正で、最も多くの症例に使用される固定式の装置になります。患者さん御自身では取り外しはできません。歯の表面に加工をし、歯科用の接着剤でとりつけます。そして装置の中央をワイヤーがとうります。当クリニックではほとんどが審美的な問題を考慮し、目立たないタイプの装置を使用しています。

マルチブラケット装置 その2

上の装置を人の口に取り付けた写真です。右は、従来の金属の装置と、銀色のワイヤーが入っているもので、左が白色の装置に白色のワイヤーを入れたものです。見た目にも違うのが一目瞭然だと思います。

ワイヤーについて

ここで説明するワイヤーは、マルチブラケット装置をつけた場合に使用するものです。
素材は、ニッケルチタン合金(形状記憶のもの)や、ステンレス製のもので、太さも0.3mm~0.7mmのものまであり、種類も様々です。用途に応じて使い分けています。
下の図のように、でこぼこになっている部分は、その形状記憶のワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して、徐々にきれいな歯列に変わっていきます。

取り外しのできる装置 その1

本人が取り外し可能なプレート(床)装置です。主に小学校の低学年の頃に使用します。よい点は歯磨きがしっかりできる事です。使用時間については、治療内容により異なります。

取り外しのできる装置 その2

マウスピース型の装置になります。就寝時間ならびにご自宅にいる時間の使用となります。使用中はお口を閉じてもらいますので、慢性的な鼻づまりがある場合などは対象にはなりません。

取り外しのできる装置 その3

こちらの装置も、アライナー型の装置になります。主に成人の方に使用します。周りの方にも気づかれずに治療が進められます。食事中以外に、1日20時間以上の使用が必要になります。

補助装置 その1

一番奥の上部についているネジ状のものです。こちらの装置は、主にマルチブラケット装置において補助的に使用するミニスクリューです。矯正治療において使用するインプラントです。症例によって使用されるものとなります。

▲ページトップへ