歯並びは遺伝する? 親と子の歯並びを考える

両親いずれか歯並びやかみ合わせに問題を抱えているような場合、お子さんも似るのはある意味当然と言えます。今の時代、子どもの歯並びの問題は親として関心事の一つになっています。
実際に親子で似た歯並びになり矯正治療を行ったケースをご紹介します。母親は10歳時に当院で受け口の矯正治療を行いました。後に二人のお子さんの咬み合わせが反対(受け口)になっていることに気づき、相談にこられました。

親子で受け口(反対咬合)に

受け口とは上あごの歯と下あごの歯の噛み合わせが前後逆になっている状態です。 前歯でうまく噛むことができません。反対咬合とも言います。
受け口になる原因は遺伝(生まれつき上あごが小さい、上あごよりも下あごが大きいなど)や上あごの成長が不十分、舌を下の歯に押し当てる癖の影響などが考えられています。

母親10歳時の歯並び

   

上あごの歯と下あごの歯の咬み合わせが前後逆になっています。

治療後

   

矯正治療を行い受け口が改善しました。

お子さんは姉妹で、ともに5歳の時の歯並びです。
お姉さん(5歳時)

   

下あごが前に出ており咬み合わせが逆になっています。

妹さん(5歳時)

   

妹さんも下あごが前に出ており咬み合わせが逆になっています。

お子さんの歯並びが心配になったら

母親はご自身の治療経験から早めの治療を希望されて相談にこられました。心配しても、早めに行動(歯科を受診)する方は、ほんの一握りかもしれませんが、小児歯科や矯正歯科など多数を標榜する歯科医院を受診しても、『まだ治療には時期が早いですね。』『永久歯に生え変わるまで様子を見ましょう。』や、『今すぐにやらないと後が大変ですよ。』『(計画性もなく)装置を使ってみましょう。』など、複数の医師から違う説明を受けると、理解が深まるというより混乱してしまう方も多くないでしょうか。
開始時期や治療方針は、矯正歯科専門医でさえ異なる場合もあり、それを絞り込むには多くの治療経験が必要です。よって相談する担当医が、治療経験の多い医師であるかを見極める事が重要です。それには、担当医師の矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)の資格の有無や治療実績も含めて公開しているかが一つの判断基準となるでしょう。
『少し良くなったから』とか『目立っていたところが解消されたから』といって中途半端に治療を中断すると、のちに大きな問題に発展することにもなりかねません。治療開始しても、永久歯が生えそろう(小学校高学年)までは経過を診てもらえるかもとても大事な事なので、事前に確認して下さい。

当クリニックでは、幼少期(早期)の矯正治療は、後で治療を振り返った時『よく覚えてないけど、そんな事もあったね〜』くらいの思い出話ですむよう、親子の負担をできるだけ少なくてすむような診療を心がけています。

治療を決めた親御さんの声

1.来院までの経緯、きっかけは?

乳歯が生えそろい、上下前歯のかみ合わせが反対ということに気づき、早目に治療しようと思いました。

2.治療を始めようと思った理由は?

私が子供の時は、早くても永久歯が生えてからの治療(6、7歳位)が一般的だったと思いますが、最近乳歯から治療することも可能だと知りました。3、4歳のうちは、診療台にじっとしている事が難しいと考え、女の子でもあるので綺麗な歯並びにしてあげたいと思い5歳で治療を始めました。

3.苦労(心配)したことはありますか?

いま使用中の装置についてはそんなに苦労はしていませんが、以前に使用したマウスピース型の装置は、季節の変わり目に咳が出る時には、使うのが難しかった様子でした。

4.ご家族の理解もしくは協力度はどのようなものでしたか?

治るものなら治してあげたいとの思いが強く、夫も理解し協力してくれました。

5. 同じような状況の方への助言

矯正治療は、身近に治療している人がいないとハードルが高く感じると思います。ママ友の間でも、子どもの歯並びを気にしてはいるが、治療までは考えていない人が多いようです。
治療経験者の自分からすると、積極的に始めた方がいいと感じるレベルの歯並びとは思うのですが。一度でも矯正歯科の専門クリニックに相談してはどうでしょうか。

お子様の矯正でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

電話番号 04-7166-6940

▲ページトップへ