わたしの矯正(スタッフ回想記)

平成24年春、憧れの矯正治療を始めた歯科衛生士ほっし~のリアルタイム日記!

きっかけ編

私は上の2本の前歯が離れてすきっ歯で、前からそれがコンプレックスでした。

今は衛生士ですが、専門学校時代も人前で笑う事も恥ずかしく、在学中にかかりつけの一般歯科で歯の形を修整する治療を受けました。

その後一時は満足しても、また前歯がすきっ歯になってしまいました。

それから数年経過し、この春に矯正歯科の専門クリニックに就職しました。

その研修の中で自分の歯型を採り確認したところ、改めて自分の歯並びの問題点がいくつもある事を先生から知らされました。

そしてすぐにでも治療を始めようという気になったのです。

▲ページトップへ


装置を付けた日の事

いよいよ念願の治療が始まります。

上の歯12本にセラミック性の半透明なブラケットという装置をつけ、ワイヤーは目立ちにくい審美(ホワイト)ワイヤーを装着しました。

つける前までは、見た目の問題はある程度覚悟はしていましたが、予想とは裏腹につけた後の印象はこれだったら大きな口を開けても恥ずかしくないレベルでした。

装置が入った直後は、ブラケットが頬の粘膜や口唇に当たり、とても違和感がありましたが、心配していた痛みはなくジーンと感じる程度。咬みしめると少しまたジーンときます。

食事は思っていたより大変で前歯で咬むことができず、奥歯でゆっくり咬むような状態でした。

またかたい食べ物は装置のはずれにつながるので避け、その日の夕飯は私の大好きな焼き肉でしたが、一口で咬み切れず細かく切って食べるようにしていました。

食後は、装置の周りには思った以上に食べかすがつまり、歯磨きの際にブラシの毛先を装置周辺にしっかり届かせるように心がけましたが、結構ズーンときました。

私の場合は、上から治療を始めましたが、上下いっぺんに始めていたら大変だったな~と思いました。

▲ページトップへ


装置を付け翌日の事

朝起きると、ジーンと前歯に痛みがありました。

朝食のメニューはごはんと焼き魚でしたが食べるのもちょっと大変でしたが、通勤時にはいつの間にか痛みも治まっていました。

そしてその日の先生の『最初が一番大変だからね』の一言に安心し、これ位の痛みなら続けられる!!

この感覚は歯が動いてきている証拠だと思い、この先が楽しみに感じました。

▲ページトップへ


装置を付け4日その時!

食事や歯磨きにも慣れましたが、右側の頬に口内炎が!!

しかしその日は休診日。もらっていたワックスを、引っかかる感じがする部分にペタッとつけ、途端に痛みがなくなりました。

もしもの時のために持ち歩いていて本当に助かりました。ワックスは必需品デス!

本当は、食事の時には外すように言われていたんですが、それを忘れそのまま食事、途中で気づきましたがその時には胃の中に・・・まあ、害はないからいいか。

▲ページトップへ


6日目早くも感激

先生にチェックをしてもらい、まだ短期間なのに動きがあるのに感激。

明後日には下の歯にも装置が付けられるとの事。食事や歯磨きがまた大変になる事は間違いないが、今から覚悟が必要。

その前に焼き肉を食べとこうかな?

▲ページトップへ


ついに下にも装置が!

今日は下の歯に装置がつきました。上の歯とはまた違う違和感がありました。

締め付けられる感覚は上の時と同じでしたが、前歯の歯茎がむず痒く歯や歯茎を触っていないと落ち着きません。

その日の夕食は外食でしたが、なるべく食べやすくやわらかいものをと思いグラタンをチョイスしましたが、左側で噛むと少し痛みがあったので右側で噛んで食べるようにしました。

しかしグラタンに入っていたブロッコリーの粒が詰まって大変。私の場合、上よりも下の方が詰まりやすいようです。

翌日の夕食はパスタ、昨日は左側が痛かったのがこの日は右側も噛むと少し痛みがあったので半分残してしまいました。

食後のシフォンケーキはしっかり食べられました。(笑)

左右とも後ろから3番目の歯が内側に引っ込んでいるので、どうやらその周辺が痛むようです。

▲ページトップへ


今の一押しはコレ/開始2ヶ月

装置が入って約2ヶ月が経ち、装置が入った違和感もなくなり困っていることといえば・・・食後に食渣がつまることです!

職場や家では歯磨きをすれば良いのですが、外食中はなかなか歯磨きができません。

そこで私は必ず歯間ブラシを持ち歩いています。

普通のワイヤーがはいっている歯間ブラシでも良いのですがゴムタイプのものですと当たりもソフトで使いやすいのでおすすめです。

ただ使う場合は装置に引っ掛けないように要注意。

▲ページトップへ


ひと安心/Vacation

9月のお休みにグアムに行ってきました(>_<)

一番楽しみにしていたのはスキューバーダイビング!!!

沖縄や伊豆は潜ったことがあるけれど海外は初!

矯正してるし口にくわえるレギュレーターは大丈夫かな~と不安に思っていましたが…ダイビング中は矯正している事なんか忘れるくらい楽しめました♪

治療中は制限されることが増えるかと思っていたけれど意外とできちゃう!

また来年のダイビングも楽しみです(>v<)

写真は潜った時に見つけたムラサメモンガラで~す。

▲ページトップへ


思いもよらぬ発見!(7ヶ月に突入)

今回矯正をして気がついた事…それは自分の下唇を噛んでしまう癖です!

そのせいで上の前歯は前に出てしまい、下の前歯は内側に引っ込み、噛み合わせが深くなってしまったようです(*o*)。

歯並びって唇や舌の癖でかなりの影響を受けるんですね。

これから癖をなおす筋トレを始める予定です。その前にまずはTRF エクササイズ!!

写真は先日いったあしかがフラワーパークのイルミネーションです。

▲ページトップへ


口の中のゴムってこんな感じ

今回から初めて、上の犬歯と下の奥歯に自分の手で輪ゴムを引っ掛けることになりました。

確かに引っ張られている感はありますがあまり痛みはなく、数分で慣れてしまいました♪

食事、歯磨き以外のほとんどの時間はほとんどつけておく必要があるようです。

こないだゴムをつけているのを忘れて、そのままお菓子を食べてしまいました。

なんかお口の中からパワーを感じるこのごろです。

▲ページトップへ


スマイルトレーニング開始!

最近、当院ではスマイルトレーニングについて学んでおります。

矯正前に自分の歯がコンプレックスで上手く笑えなかった方が、矯正後も笑えなければせっかくキレイな歯並びになったのに勿体ないです(>*<)

そんな私も自分の歯がコンプレックスで写真を撮る時に口を閉じてしまったり、笑う時に手で口を覆ってしまったり・・・

今でもそうなってしまいます。

日頃から意識をしてトレーニングをしなければ、癖はなかなか抜けません。

このままではいけない!と思い、私もスマイルトレーニングを行っていきたいと思います☆

トレーニング法については、今後紹介していきますね♪

▲ページトップへ


お風呂で簡単スマトレ

それではスマイルトレーニング法についてお話していきます☆

笑顔は口の周りの筋肉(表情筋)で作られます。表情筋のトレーニングを行うことで、自然と素敵なスマイルを作り出すことができるようになります。 まずは表情筋のウォーミングアップ法です★

口の周りの筋肉を意識しながらゆっくりと『イー、エー、アー、オー、ウー』と5秒間づつ発音してみましょう。

私の場合はお風呂に入っている時間を利用してやっています♪

オーバーにやった方が筋肉に効いて気持ち良く、口周りがスッキリしますよ☆
最初は疲れると思いますが、必ず慣れてきますので時間のある時に試してみて下さい♪

▲ページトップへ


簡単スマトレその2

前回は表情筋のウォーミングアップ法についてお話しましたが、今回は口角を上げるトレーニング法についてです☆
まず人差し指で口角を上方に挙げます。
15秒~30秒間、口角をその位置でキープしましょう。
最初は口周りがピクピクしますがこれも筋トレと同じなので次第に慣れてきますよ♪
口角が下がっていると不機嫌そうに見えたり印象があまりよくありません。
写真を撮る時などすぐに自然と口角が持ち上げられるようにこちらのトレーニングもおすすめです☆

写真は世界遺産に登録されるという『富士山』を見に、富士芝桜まつり行った時に食べた富士鯛やき~☆ 桜まつりにちなんで中身は季節限定の桜あん♪
実は毎週食べるくらい鯛やき大好きな私。初めて食べた桜あんは甘くてとっても美味しかったです。

▲ページトップへ


祝!1年で治療終了/ビフォーアフター

ず~っとコンプレックスだった前歯のすき間そして咬み合わせが深かったのも治り、以前よりも格段と噛みやすくなりました。バッチグ~!!
治療中は特に歯磨きにはプロといえども気を使いましたが、虫歯になることもなくまたその他のトラブルもなくスムーズに治療が進みました。(顎間ゴムを真面目に使っていたこともありますが) 治療が終わって一安心と思いきや、いい状態を安定させるために(治療直後はとても歯が動きやすい状態なので)リテーナーという取り外しのプレート状の装置を食事、歯磨き、お風呂の時以外に使わなければなりません。わかってはいましたが・・・・ 3~4時間はずしてリテーナーをはめてみるときつく感じることがありますがもう歯が動いてるってことなんですね。
これからは、自分の治療経験を生かしてよりリアルな説明ができたらなあと思います☆

▲ページトップへ


ついに親知らず抜歯しました!

矯正が終わりホッとしたのもつかの間、歯茎に埋もれていた親知らずが痛みだしました(;_;)
親知らずは普通に生えて磨けていれば特に問題ありませんが、斜めや横を向いて手前の歯を押していたりすると歯並びがガタガタになってしまう可能性があるのです。 今回、当院の紹介先でもある口腔外科の先生に抜いていただき今後親知らずによる乱れの心配もなくなりスッキリ☆
矯正が終わりこの歯並びを保ちたいと思っていた矢先のことだったので、いつ抜くか…今でしょ!!とすぐに思いましたね(^_^)
ちなみに私の親知らず、こんな感じに埋もれていました!完全に手前の歯を押してますね(*o*)

▲ページトップへ