治療したらわかる事

ほっし~の第二弾「治療したからわかる事」女性目線・患者目線にたった
矯正治療経験者だからこそ見えてくるものを、時に熱く、時にクールに語ります。

紹介文

『治療したからわかること』がスタートします。

治療前には、たくさんの不安をいだきながらのスタートでしたが、治療を終えた今、たくさんの誤解をもっていた事に気づかされました。それはこれから始めようとしている 人に対する衛生士のわたしからの雑談も交えたメッセージです。

皆さんの不安な気持ちが少しづつ安心へ変化できるようになってもらえたら嬉しいです。

写真は、日本最南端の沖縄県波照間島です。私の今いち押しビーチです♪

▲ページトップへ


舌の正しい場所があるって知っていますか?

正解は、舌の先は上顎の前歯に触れないギリギリの所、そして舌全体は上あごにピッタリくっついた状態です。
・口呼吸が多い/鼻がつまり気味/舌で前歯を押している/さ行、た行が言いにくい/無意識に口が開いている/唇が乾燥しやすいなど、当てはまる人はすでに歯並びに影響している事が、非常に多いです。 ご自身やお子さんの状態を是非、確認してみて下さい。

治療前には、たくさんの不安をいだきながらのスタートでしたが、治療を終えた今、たくさんの誤解をもっていた事に気づかされました。それはこれから始めようとしている人に対する衛生士のわたしからの雑談も交えたメッセージです。

皆さんの不安な気持ちが少しづつ安心へ変化できるようになってもらえたら嬉しいです。

写真は、日本最南端の沖縄県波照間島です。私の今いち押しビーチです♪

▲ページトップへ


ワンタフトブラシって何それ?

初めて聞く人には何!って感じですが、実物は上の写真にあるブラシです。

歯ブラシも多種多様で、毛先の硬さや密度によりその刷掃効果には大きな差があります。特に矯正器具をつけている方にオススメしたいのがこのワンタフトブラシです☆

治療中は汚れが溜まりやすくなりますので、装置に合ったブラシを選びがとても重要です。

歯と歯茎の境目はもちろん、ワイヤー下の歯と歯の間にスッポリ入り汚れを簡単に掻きだしてくれます。

やり方はワイヤー下に入れたら毛先を歯の方向へ当て、グルグル円を書くように回して一カ所ずつ順番に上からと下からと行います。v

ポイントはしっかり鏡を見ながら毛先が当たっているか確認すること!

私は治療が終わった今でもお気に入りでこのブラシを毎日使用しています。

仕上げ磨きや、親知らずなど歯ブラシが届かない所に大活躍! 装置が入っていない方にもオススメの一品、一度お試しあれ☆

▲ページトップへ


あらためて装置の話

矯正といえばはじめに銀色の装置に銀色のワイヤーを思い浮かべませんか?

今では、歯と似た色をしたセラミックの装置やワイヤーも白色にコーティングしたものもあります。今や成人の方だけでなく、お子様にも好評をいただいております♪

ちなみに私も矯正し始めた当初、親に自ら言うまで装置を付けているのを気づかれませんでした!

写真は初めて装置を付けたときの私の口の中です。遠目だとまわりにあまり気づかれません(^^)v

見た目の不安で矯正を思い留まっている方がいれば、是非オススメしたいです☆

▲ページトップへ


ゆれていない乳歯でも抜いた方がよい事もあるの知っていますか!

レントゲンを撮らないとわからない事ではありますが。

ときに、乳歯の下にもぐっている永久歯の場所に問題がある場合、乳歯が自然に抜けるのをすっと待っていると、へんな方向に生えてきてしまう場合がある事を知っていますか。

経過をみながらになりますが、その傾向がはっきりしているのであれば、通常よりも早めに乳歯の抜歯を行うことが良い場合もあります。

本人はもとより、親御様からすると自然に生え変わる乳歯を抜歯は、必要性を感じないと思われるのは当然ですが、ほっといたがゆえにその後の歯並びに影響してしまうと思えばどうですか。

写真はディズニーシーに行った時の一枚☆
当院でもハロウィンの飾り付けを始めました♪

▲ページトップへ