歯並びのタイプ・改善メリット

不正な歯並びのタイプは、いくつかのタイプが合わさっている場合がほとんどです。 ここではいくつかの代表的なケースを御紹介します。

らんぐい歯、八重歯、歯のでこぼこ、歯のねじれ

八重歯があるなど歯がでこぼこに並んでいます。見た目が悪いばかりでなく、咬めていない重なっている部分にむし歯が何本もあります。

     

出っ歯、お口が閉じにくい

上の前歯が下の前歯より大きく出ています。特に横から見たときにわかります。患者さんによっては口が閉じにくく、閉じた時に顎に力が入り緊張した状態になります。
治療後には顔全体の様子も変わり、口元が出た感じがなくなります。

     

       

受け口、下の前歯が上の前歯よりも前にある

下の前歯が上の前歯より出ています。見た目も悪いばかりでなく奥歯もしっかり咬んでいない場合が多く、よく食べ物を噛めません。又正面から顔を見た場合、顎がゆがみ顔全体がまがっている場合もあります。

     

かみ合わせが深い、下の前歯が見えない

上下の歯の重なりが深く、下の歯が見えないばかりか、上顎の歯肉に咬みこんでしまっている場合もあります。こういうケースは本来の自由な顎の動きを妨げられることで、歯ぎしりを誘発し異常に歯が削れてしまったり、場合によっては左右の顎の関節に違和感を訴える方もいます。

     

上下の歯が当たらない

しっかりと口を閉じていても、上下の歯の間にすきまができ、歯が咬み合わさることができません。これは様々な原因が考えられますが、幼児期からの癖が原因で起こることが多いようです。歯の治療と同時に癖を治すことも大事になります。
治療後には、しっかりと噛み合わすことができるようになりました。

     

前歯のすきまが目立つ

生まれつき歯が大きさや、舌で歯を押し出す癖などで歯と歯の間にすきまが開いてしまっています。見た目もよろしくありません。
計画的にすきまをつめ、歯を削ってかぶせることなくバランスのとれたかみあわせが得られました。

     

永久歯がなかなかはえてこない

ある箇所だけ中々歯が生えてこないような場合、年令やもぐっている歯の状態にもよりますが、条件がよければ積極的に歯を引っ張り出す事も可能です。下の症例では前歯が片方生えてきませんでした。治療で歯を引っ張り出してきました。

     

乳歯が早くに抜けて、永久歯の出てくる場所が足りない

永久歯のはえてくる場所が足りない場合には、早い時期(すべてが永久歯に生え変わる前)に部分的な装置で積極的に永久歯の生える場所を作る事も可能です。

     

多数の歯を失い、その都度治療してはいるが、かみづらい

悪い歯並びのまま長期にわたり、放っておきますと様々な問題が生じてきます。こちらの症例は20代後半の方ですが、すでに歯が失われていたり、何本もの歯がかぶせあったり、下顎には入れ歯を装着していました。
(矯正治療に、年令制限はありません。)

     

顔の左右の対称性が気になる。顔がゆがんでいる

このような状態の方は、審美的な問題だけでなく左右のかみあわせのバランスに問題を抱えている場合が多く見られます。この症例では、矯正治療の他に外科的な対応もあわせて行いました。

     

歯の数が足りない

まれに生まれつき歯の数が少ない方がいらっしゃいます。その場合、かみあわせに問題があるばかりか、審美的にも問題を抱えている事も多く、単純に歯の形を程度にもよりますがかぶせたりする治療を行うにもバランスのとれた歯にする事は難しく、前処置としての矯正治療が必要な方もいます。

     

▲ページトップへ