大人の矯正歯科

大人が矯正することのメリット

どの年代においても、矯正治療はご自身の歯を長く生かす治療です。歯を削って被せる治療を選択する場合が多いかもしれませんが、かみあわせにおいていい条件のもとで被せた歯の方が長持ちする事は言うまでもありません。大人の矯正についても年齢制限があるものではありません。あきらめずにご自分の歯を大切にして下さい。

中高年からの矯正治療 女性の矯正治療 男性の矯正治療

中高年からの矯正治療

50代で治療をうけた方の写真です。矯正治療は、若い人に対する治療だけではありません。治療をするにあたり、年齢に制限はありません。自分にとって、どのような治療法があるのかを、まず知って下さい。

59歳の女性の症例です

50代からの矯正治療

・初診時年齢:59歳の女性
・症状:右上奥歯の喪失
・治療期間:1年5ヶ月
・通院回数:25回
・治療費の目安(自費):総額 1,034,000円
・副作用・リスク:歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
・抜歯部位:上顎左右4番(第一小臼歯)※一般歯科からの紹介
・装置:マルチブラケット装置
・治療費の内訳
 相談ならびに検査費用 50,000円
 治療費用 950,000円 (分割・無利息)
 追加ワイヤー代1,000×14=14,000円
 経過レントゲン費用、20,000×1=20,000円
※表示価格は税抜となっております。

右上奥歯の喪失に伴い、一般歯科より『矯正治療の計画も考慮しては』とアドバイスを受け、来院されました。

54歳の女性の症例です

50代からの矯正治療

・初診時年齢:54歳の女性
・症状:上顎前突
・治療期間:1年10ヶ月
・通院回数:29回
・治療費の目安(自費):総額 1,001,000円
・副作用・リスク:歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
・抜歯部位:右上3番、右下1番
・装置:マルチブラケット装置
・治療費の内訳
 相談ならびに検査費用 47,000円
 治療費用 902,500円 (分割・無利息)
 追加ワイヤー代1,000×1+1,500×7=11,500円
 経過レントゲン費用20,000×2=40,000円
※表示価格は税抜となっております。

上顎前突の症例で、歯周病ならびに補綴物(被せ物)が多数歯にありました。歯の移動の制限や治療期間の短縮が求められる症例です。保存状態が思わしくない歯を数本抜歯して治療しました。矯正治療後は、一般歯科での被せ物の再調整が別途必要となります。お子様も当院で治療を受けられています。

48歳の女性の症例です

40代からの矯正治療

・初診時年齢:48歳の女性(E.U)
・症状:上下前歯のでこぼこ
・治療期間:3年/治療終了時51歳
・通院回数:43回
・治療費の目安(自費):総額 1,009,500円
・副作用・リスク:歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。歯科医院での処置歯が多い場合は、治療中もしくは治療後に再治療が必要な場合もあります。
・抜歯部位:左下4番(第一小臼歯)※同時期に第一子(長女15歳時)を当クリニックで治療済
・装置:マルチブラケット装置
・治療費の内訳
 相談ならびに検査費用 47,000円
 治療費用 902,500円 (分割・無利息・家族割引適用)
 追加ワイヤー代 0円
 経過レントゲン費用、20,000×3=60,000円
※表示価格は税抜となっております。

処置歯が多く、矯正治療が可能かどうかを心配されていました。

Q&A

皆様のご質問にお答えします

顎関節症でも、矯正歯科治療はできるの?

できますが、程度によっては矯正治療前に顎関節症の治療をしていただけなけれればならない場合もあります。

歯周病と言われてたけど、矯正できるの?

できますが、程度によっては矯正治療前に歯周病の治療をしていただけなけれればならない場合もあります。

金属アレルギーがあっても矯正できるの?

金属アレルギーの患者さんの矯正治療のために生体親和性の高い材料が開発されています。例えば、生体親和性の高いチタンを主成分とする装置などです。

詰め物があったり、神経を抜いた歯がありますが、矯正できるの?

できますが、程度によっては矯正治療前もしくは治療中に一般治療をしていただけなけれればならない場合もあります。

すでに歯が無いところがあるのですが、矯正できるの?

できますが、無いところについては、歯を入れる事を前提として場所をつくるか、それとも隙間がつまるように場所をつめていくのかを治療前に検討します。

女性の矯正治療

妊娠をしたら

妊娠の可能性が考えられる場合は、レントゲン撮影は避けてください。レントゲンの撮影については時期を見合わせる場合があります。歯を抜いた後の抗生剤や痛み止めもよくありません。
また矯正治療自体は特に問題ありませんが、つわりやホルモンの変化により唾液の性状が変化します。そのためお口の中が汚れやすくなります。食後の歯磨きを、丁寧にしていただくことが大切になりますまた、ご自身でお口のケアが難しい場合についてはこちらで専用の機械をつかってのクリーニングも行っております。

出産のときは

矯正治療が出産に影響を与えることはほぼありません。
その後の子育てに時間をとられ、食後の歯磨きが不十分にならないように気をつけてほしいと思います。

授乳をしている

レントゲン撮影による授乳への影響は、特にありません。ご安心下さい。

Q&A

披露宴とハネムーンのために、一時的に前歯の装置を外す事はできるの?

可能ではありますが、期間的にも費用的にもお勧めしておりません。現在の装置自体も透明感のあるものを使用し、またワイヤーも一時的には表面が白くコーティングしてあるものに変えるは可能です。そこまですれば、装置をつけたままでも十分ご満足いただけるのではないでしょうか。

目立たない矯正装置や、方法はあるの?

こちらでの主に使用しているものは、目立ちにくいものではありますが、目立たない(見えない)ものではありません。装置の選択については適用もありますので、事前にご相談下さい。

女性の矯正時期についてのアドバイスはあるのかしら?

矯正治療は、年齢制限はありません。シンプルに考えれば、早く決断すれば早めに治療が終了することになります。その時期をいつにもってくるのかは、その人のお考え次第だと思います。

男性の矯正治療

男性の場合、友人同士で歯並びの話をすることはほとんどありません。お子さんの場合はご家族が心配してご相談に来られるケースがありますが、成長して大人になるにつれて悩みを抱えたまま、誰にも言えず過ごしている方も多いと感じます。

院長も24歳の時に矯正治療を受けておりますので、男性の方の矯正への不安、お悩みや知りたいことなどお気軽にご相談ください。

近年では男性の患者さんも増加しており、当院でも男性の患者さんにも多く通院していただいています。噛みあわせや口元のコンプレックスに悩んでいた方も治療を終えると笑顔を見せてくださいますので、まずはご相談にいらしてください。

矯正治療をはじめるタイミングは?

男性の場合、就職活動の前や留学後、また退職後に治療を始める方もいらっしゃいます。

就職活動のための矯正治療

面接に自信をもってのぞみたいという方におすすめです
就職活動の時期までに歯列矯正を行うには、大学入学直後から治療を始めることをおすすめします。
大学生活中は予定も組みやすく、定期的な通院が必要な矯正治療を行うにもおすすめです。

ご家族の方へ

お子さんの高校や大学の入学のタイミングで矯正治療を始めたいとお考えの方はご相談ください。 歯並びは一生の財産になります。区切りの良いタイミングですのでお子さんの将来のために力になりたいとお考えの方、ご心配な方はご検討されてみてはいかがでしょう。

大学生の方へのアドバイス

治療開始は比較的時間の融通が利く入学直後からの治療開始をおすすめしています。定期的に毎月通院していただく必要があるため、就職活動や卒業準備で多忙になる前に治療をはじめましょう。

治療をはじめたばかりの頃は慣れない痛みと装置の違和感で、辛いことも少なくありません。就職活動の直前に始めるのではなく、入学してすぐに始めれば就職活動で忙しくなる前に治療が落ち着きます。

面接を受ける時に装置が目立つことが心配な方は目立たない装置もありますのでご相談ください。

海外で活動をしたい方

海外で自信をもってお仕事ができます
欧米のビジネスマンは歯並びにも気をつかっています。海外留学を経験して歯並びが気になるという方も多く、海外を拠点にお仕事をしたい方におすすめです。

お子さんと一緒に治療したい方

治療期間が長くても安心できます
お子さんと一緒に通院されている方も増えています。一緒に治療をすることでお子さんの不安や治療中の悩みなど共感することができます。
同じタイミングで治療できない場合でも、将来的に矯正をお考えの方には治療のためのお口の状態をアドバイス致します。

中高年からの矯正

歯を残すための諦めない治療を
中高年からでも矯正治療は始められます。大人の矯正に年齢制限はありません。 歯が抜けたり大きく動いてしまって噛みあわせが悪くなった方も多いですが、矯正治療という選択はご自分の歯を有効的に生かし、さらに残していくことができる治療です。年齢だからと諦めずご相談にいらしてください。

歯周病と矯正治療

歯周病が進行していると治療できない場合があります。中高年でも骨がしっかりしていれば歯を並べる事ができますが、重度の歯周病で骨が溶けている場合は歯が抜けてしまうこともあります。
歯周病にお悩みの方は矯正治療が可能かどうか、一度ご相談してください。

矯正治療を始めると1月に1回の通院が必要になります。開始時期に悩んでいる方は、ご自身にとって無理なく通院できる環境で治療をはじめていただくことが大切です。
いきなり治療を始めることはありませんので、まずはお口のことで悩んでいる事を何でもご相談ください。

心配な方はまずは矯正治療を専門とする歯科医師へご相談ください

歯並びのことは虫歯治療をしているかかりつけ医に相談していませんか?一般歯科では歯列や咬合について認識の差があるため、ぜひ矯正治療を専門とする歯科医師が在籍し、かつ矯正治療を専門に行っている歯科医院にご相談ください。治療経験が豊富なので難しい症例にも対応できます。治療計画を最初にしっかりと立てるので治療期間や治療費について、治療を始める前にご説明します。
矯正治療のトラブルに多い、いつまでも治療が終わらないということもありません。

ページトップへ

親子の矯正歯科治療
04-7166-6940 HOME

〒277-0021
千葉県柏市中央町3-30柏ハイツ2F

パソコン版はこちら